2022年6月19日のWIN5反省会

evaluation-20220619 反省会

ユニコーンSまで2年連続でこんなに荒れるとは。

ラジオ感覚で聞けるこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

阪神10R オークランドTRT ダート/1800

<勝ち馬>
⑨メイショウフンジン/坂井瑠星 

トラブルも、買える騎手への乗り替わりで問題なし。
引き付ける逃げで、直線飲み込まれる前に再度伸びる、粘り強い勝ち方。

本命のアズユーフィールは、今日は川田将雅がずっと精彩を欠いてる感じの日で残念。
まぁリーディングジョッキー様にもそんな日はある。

ゴールドティアは出ムチも入って位置を取りに行こうとしたけど馬が進まず。
こういう顔ぶれでは難しいのかも知れない。

フィロロッソはそんなにハードに調教積んでなかったのに、馬体重マイナス14kgで切って正解。

スポンサーリンク

東京10R 多摩川S 芝/1400

<勝ち馬>
⑦ウインシャーロット/石川裕紀人  本命

何も心配することはなく1点突破。
抜群のスタートで楽にハナに立って、あとは回ってくるだけ。
逃げて33.3秒の上がりなら後ろは何もできない。

ショウリュウレーヴはまた伸び上がるようなスタートから前に行けず、いいとこ無し。
2勝クラスからの好走は、団野大成が慣れて、上手く出すようになってただけなのかも知れない。
手が戻るまでは消しか?

スポンサーリンク

函館11R UHB杯 芝/1200

<勝ち馬>
③マウンテンムスメ/横山武史  はずれ

馬体重と斤量で消してたマウンテンムスメが、予想外に楽な逃げになってそのまま押し切り。
このコース、内枠の逃げ馬は素直に押さえておくべきだった。

本命コスモアンジュ、対抗シュアーヴアリアはイメージ通りのレースで、それぞれ2着/3着まで来たがあと一歩。
結果的にコスモアンジュは枠順の分届いてない感じはあるので、なおさら素直にマウンテンムスメにしておけば、という後悔はある。

ネクストストーリーは一応プラス体重なのは良かったものの、あの位置からでは何も起きないというレースに。

スポンサーリンク

阪神11R マーメイドS 芝/2000

<勝ち馬>
⑦ウインマイティー/和田竜二  はずれ

和田竜二が1800/2200では良いのに、2000だけ悪いのを嫌って消した馬。
1800/2200が良いのは、逆に2000も良いと考える必要があったか・・・。

本命ソフトフルートは内で溜めて、最後伸びたものの3着まで。
やっぱり重賞だと勝ちきれないか。

対抗のステイブルアスクも追い込んできているものの、やっぱりこのクラスに来るともっと前に行けないと苦しい感じ。
馬がスタートはもう押されても行く気が無くて、上がり一辺倒の競馬に慣れてしまってる。
毎回惜しかったね、で掲示板載って終わるタイプの馬かなこれは。

ハギノリュクスはやることやったしこれでいい。
藤懸貴志の重賞連覇はさすがに無いので、今日負けるのは仕方ない。
ホウオウエミーズはまぁこんなもの。

スポンサーリンク

東京11R ユニコーンS ダート/1600

<勝ち馬>
⑤ペイシャエス/菅原明良  はずれ

先団から唯一生き残ったペイシャエスが粘りきった。
ここまで基本的に先行できてなければ凡走という感じだったが、ここは馬群の中でよく堪えた。

本命のリメイクは結果的に、1400mまでということか。
ラスト100mまでは完璧な競馬で、特に悲観する負けでもない。
適正条件で見直し。

ハセドンは調教も引っ掛かる感じはあったけど、このクラスでそう簡単に直線一気は決まらないと。
良馬場で前走並の時計で走ってるし、相手が強くなればこうなるのは仕方ない。

ジュタロウは先行できず、外に出してかなり気を使いながらの追走。
完全に負けパターンだったので、負ける時はこんなものというのは分かっていた馬。

コメント

タイトルとURLをコピーしました