2022年7月31日のWIN5反省会

title 反省会

平場も含めて、血統の傾向がなかなか顕著に出ている。
血統も一つの統計データなので、その比率も上げていく必要があるか。

ラジオ感覚で聞けるこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

新潟9R 出雲崎特別 芝/1800

<勝ち馬>
⑯ジュンブロッサム/川田将雅 本命 

スタートすんなり出た時点で、あとは安心して見ていられた。
レコード決着とはさすがです。

トゥデイイズザデイは先行する形に期待したけど、出遅れて上がり最速。
駐立悪いし、先行するのは難しいのかな。
折り合いは付けられて終い伸びるなら、そういう馬と認識を改めていきたい。

スポンサーリンク

札幌10R 札幌道新スポーツ賞 芝/1500

<勝ち馬>
⑧ジネストラ/池添謙一 本命

内枠の馬が前に行けない中で、好位の外側から完璧な形。
このクラスで足踏み長かったけど、舞台を選べば昇級しても差は無いと思う。

ワザモノは枠を活かせなかったけど、なかなか自在性のある動き。
ローカルではこういう立ち回りできる能力があるのは良い。

プレトリアはここを狙い続けて5年目、歳を経る毎に着順も落として、さすがにもうダメか。

スポンサーリンク

新潟10R 佐渡S 芝/2000

<勝ち馬>
⑩カントル/岩田望来 はずれ

そっちのディープインパクトかい。
最後方でよく溜まっていたカントルが差し切り。

ククナの負け方は容易に想像できるものだが、そのククナを完璧に閉じ込めて万全の体制、と思ったダノンレガーロが伸びず。
さすがにまだ緩かったか。

スポンサーリンク

札幌11R クイーンS 芝/1800

<勝ち馬>
①テルツェット/池添謙一 はずれ

昨年の1,3着が今年の1,2着とは、適性よ・・・。

終わってみればウォーターナビレラは、馬場をこなせなかった感。
今日の札幌の芝はクッション値7.2。
入着馬を見ても、力の要る馬場だったことがわかる。
ウォーターナビレラは札幌デビューとは言え、当時は普通に時計の出る馬場。
道悪経験も無く、スピード血統の馬には厳しかった。

これで今月はついにG3でも一番人気が勝てなかったということで、やっぱり確率を考えると、重賞の一番人気は切るのが正解。

スポンサーリンク

新潟11R アイビスSD 芝/1000

<勝ち馬>
⑯ビリーバー/杉原誠人 はずれ

重賞初制覇が出ると読んだところまでは良かったものの、隣のビリーバーだったというオチ。
外枠さえ引けば何が来てもおかしくないレースなので、他のレースを頑張って絞って、このレースは脳死で7枠8枠を買えばいいんだなぁ。

今年は内ラチ側にも馬群ができたのは興味深かった。
結果的には、内ラチ組最先着のスティクスで勝ち馬から0.6秒差。
まだ差は大きいが、目標が無くても上手く走らせられる騎手、普通に勝ち目のありそうな馬が極端な内枠に入ったら、注目したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました