2022年4月17日のWIN5予想

タイトル 予想

自信を持って1点突破できるレースが無く、今週は買い目を絞るのに苦労する・・・。

スポンサーリンク

ストークS 阪神/芝/1600/外

抜けた存在が居なければ、ある程度前に行けないと勝負にならない感のある阪神の馬場。

<本命>
フラーズダルム/坂井瑠星

阪神での成績安定。
枠も良く、おそらく逃げるヒメノカリスを見る位置から抜け出す。

<対抗>
ヴァトレニ/横山和生

息子への手戻りで五分に出られれば。
エルカスティージョ/池添謙一
外枠が割引だが、上手く立ち回れれば。
サトノラムセス/鮫島克駿
末脚確実。負かしたヴィルヘルムがすでに勝ち上がっているが、ルーラーシップ産駒の1600mはこのあたりのクラスから苦しくなってくるのが気掛かり。

<人気サイドの消し>
ヴァリアメンテ/藤岡佑介

この兄弟がとにかく勝てない条件。

スポンサーリンク

京葉S 中山/ダート/1200

3年連続で逃げ切り勝ちが決まっているレース。

<本命>
ハコダテブショウ/石川裕紀人

まずまずの枠を引いてくれた。昇級初戦でも。

<対抗>
ロイヤルパールス/宮崎北斗

近2走内枠でうまく立ち回ってきた。調教も良くここでも。

<好走条件>
マリアズハート/三浦皇成

後ろからの馬を抑えておくならこれ。
馬は久々のダートで最内に入ってどうかと言うところだが、鞍上の得意条件で。

<人気サイドの消し>
アポロビビ/吉田豊

この馬もこのレースも58kg以上での勝ちが無い。

スポンサーリンク

福島民報杯 福島/芝/2000

平坦小回りの開幕週ということで先行馬を重めに見たいが、極端に逃げが強くもないのが2000m。

<本命>
ダブルシャープ/丹内祐次

調教動いていた小倉巧者。
テン乗りでスタート五分に出られるかがポイントになりそうだが、ローカルの丹内は買える。このレースも過去5年で2勝と好相性。

<対抗>
レッドライデン/丸山元気

同型との兼ね合いと大外枠がどう出るかだが、近走の充実ぶりから期待。
ワールドリバイバル/菱田裕二
こちらもローカルなら買えるパターン。

<人気サイドの消し>
シュヴァリエローズ/荻野極

現在2週連続でWIN5対象レース勝利中の荻野極へ乗り替わり。
3週連続できるレベルの騎手ではないという評価。

スポンサーリンク

アンタレスS 阪神/ダート/1800

今年も先行総崩れの差し馬天国になりそうな顔ぶれ。
<本命>
グロリアムンディ/坂井瑠星

ダート転身後無敗の4連勝でOPを勝った上がり馬。
優秀な時計もあり、この勢いは本物と見る。

<対抗>
ウェスタールンド/藤岡佑介

未だ末脚健在。鞍上も得意条件で。
アルーブルト/浜中俊
穴ならこれか。このクラスに通用する時計が無いが、阪神[4-1-0-0]は無視できない。

<人気サイドの消し>
オメガパフューム/横山和生

トップハンデ背負ってここは叩き台。
それでもこの相手なら地力でなんとかしてしまう恐れもあるが、ズブくなったこの馬を横山和生が追いきれるとは思えない。

スポンサーリンク

皐月賞 中山/芝/2000

なぜか弥生賞組が勝てないレース。
スプリングS組があまり強くないので、共同通信杯組から入りたい。

<本命>
ジオグリフ/福永祐一

右回りならダノンベルーガを逆転できる計算。距離延長も歓迎。
また、福永祐一は今年のWIN5対象レース4勝を全て乗り替わり(内2勝はテン乗り)で挙げており、不調のルメールからの乗り替わりもむしろ好材料。

<対抗>
イクイノックス/ルメール

未知数すぎるし、フォーム的に乾いた良馬場にならなさそうなことも気がかり。
でも勝つならぶっちぎりそう。
オニャンコポン/菅原明良
穴っぽいところからも1頭。
調教が良かった上に、G1でどうかという不安はあるが中山芝2000の菅原明良は買える条件。

<血統>
キラーアビリティ/横山武史
とにかくディープインパクト産駒は抑えたいレース。
アスクビクターモアは弥生賞組が勝てないのと、掛かって内枠が裏目に出そう。
ジャスティンパレスは450kg前後での出走になりそうだが、過去10年で460kg未満の勝ちが無い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました