2022年5月29日のWIN5予想

タイトル 予想

今週は積極的に消せる馬が多くて、データ的には結構、期待値が高い。
傾向通りの決着となるか。

読むのが面倒な方は、耳だけで聞いてわかるこちらの動画をどうぞ。

スポンサーリンク

香嵐渓特別 中京/ダート/1900

少頭数のここはしっかり絞って取りたいところ、消去法で3頭に絞られた。

<本命>
ゲンパチハマジ/鮫島克駿

このコース成績安定。
内で砂をかぶるとダメそうだが、ここはかぶせられずに位置取れそうな枠。
あまりペースが流れなさそうなコースとメンツなので、好位で立ち回れるこの馬から。

<対抗>
サハラヴァンクール/藤岡康太

決め手はメンバー中トップクラス。
馬場はしっかり乾いたので、展開が向けば。
メイショウコジョウ/吉田隼人
前走、同条件を約1年ぶりの出走で2着。
久々に減量騎手というのも良かったかも知れないが、そもそもこちらもコース巧者。
ただ、いつも届かないので、向正面でしっかり位置を上げられれば。

スポンサーリンク

むらさき賞 東京/芝/1800

ククナで大丈夫だと思うが、差し馬の1点買いがしにくいのもまたWIN5。

<本命>
ククナ/ルメール

ここはさすがに戦ってきた相手が違う。
タイム差なしの負けが続いているが、初音Sは出遅れもあったし仕上がりもいま一歩。
スピカSは中山1800をあの位置からでは。
良馬場の東京なら条件戦はそろそろ卒業してくれないと。

<対抗>
プレイイットサム/Mデムーロ

基本的には追い比べの勝負という見立てで、もう1頭挙げるならこれ。
昇級初戦の前走がいきなり重賞級の時計に対応しての3着で、もう相手次第でいつでも、という態勢。
サトノフウジン/レーン
なかなか使えず信頼しづらいところではあるが、順調であれば力はある。
テンカハル/藤岡佑介
後ろが届かない展開になるようなら、穴で面白そうなのはこれ。
1800mのペースへの対応がカギだが、前走の内容が良く。

スポンサーリンク

清津峡特別 新潟/芝/1200

インベタで逃げてきた馬すら外ラチに寄せる新潟最終週。
外枠の差し馬を中心視。

<本命>
ラヴケリー/津村明秀

新潟でしか買えない鞍上が、春の新潟はまだ0勝。
ここは斤量も良く、いよいよ狙い目。

<対抗>
サトノルーチェ/菱田裕二
馬場や枠を考えず素直に実力上位ならこれ。
ジュストコル/西村淳也
平坦の1200では成績安定。好調な鞍上が乗り替わり2戦目で期待。
サニーオーシャン/武藤雅
内枠の馬からも1頭。
低調ながらも比較的新潟1200mは成績の良い中野厩舎、今年まだ3勝なのにその内2勝がWIN5対象レースの鞍上。
うまく立ち回れれば。

スポンサーリンク

安土城S 中京/芝/1400

ここも3頭に絞られた。
過去の傾向では上位人気がちゃんと来ているレースではあるが、人気どころは軒並み消し。

<本命>
ダディーズビビッド/竹之下智昭

前走は枠に泣いたが勝ちに等しい内容。
また外枠に入ったが今回は1400m、枠の不利は消せる。
鞍上の弱化は著しいが、この馬の時だけは買える。

<対抗>
ルプリュフォール/藤岡康太

いつも出が悪いのが、前走からこのペアでようやく五分のスタート。
スタートが安定すれば通用する。ここは斤量も良い。

<人気サイドの消し>
現時点の3番人気までが全て鞍上要素で買えない。
レッドベルオーブ/鮫島克駿
中京芝短距離で馬券圏内にも来られていない。
スマートリアン/秋山真一郎
WIN5では無視してよい。
リレーションシップ/酒井学
2週連続は無い。

<参考>
ダノンチェイサー/古川吉洋

10番人気以下なら切りだが、それ以外は統計的な消し要素が特になしの1頭。
ただ、推せる要素も特になく、参考まで。

スポンサーリンク

日本ダービー 東京/芝/2400

同一騎手のダービー3連覇の可能性を切れば、ここは3強。

<本命>
イクイノックス/ルメール

皐月賞は初の中山の大外枠を完璧に捌いての2着。
鞍上はオークスも大外枠から完璧な差し切り勝ち。
土曜も戸崎、レーン、横山武史しか勝たない異常な流れの中、唯一の芝2400を勝利。
今のルメールならやってくれる。
唯一の心配は、皐月賞をぶっつけで臨まざるを得なかった馬が、このローテをこなせるのか。

<対抗>
ダノンベルーガ/川田将雅

共同通信杯→皐月賞でジオグリフと逆転、ダービーなら再逆転、まで皐月賞の時に思っていたこと。
負けた皐月賞も十分に評価できる内容で、むしろもっと負けても不思議ないと思っていた。
いよいよ本番に向けて充実一途。
ドウデュース/武豊
馬は強い。強いが、鞍上がとにかく後ろから行く馬で勝てなくなってきてるのが割引。

<血統>
キラーアビリティ/横山武史

皐月賞に引き続き、ディープインパクト産駒からキラーアビリティ。
皐月賞は出遅れが全てで、難なく回って来られれば末脚のキレは見限れない。
ナミュールを勝たせられなかった鞍上、Cコースに変わったダービーで今度は上手く乗れるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました