2022年6月までの傾向分析~騎手リーディング編~

title 傾向分析

先月までの傾向分析はこちら。

2022年も半分終わりということで、いつにも増して色々な角度から「今年の傾向」を見ていく。
結構なボリュームになってしまったので複数回に分けて、まず騎手リーディングから。

ラジオ感覚で聞けるこちらの動画もどうぞ。

スポンサーリンク

WIN5リーディングジョッキー

6月までのWIN5対象140レースに勝利した騎手のリーディングと、その勝利傾向。
2勝以下の騎手は傾向が読み取れないため割愛。

 注意事項

・説明で登場する「重賞勝利」は、WIN5対象となった重賞のみを指します。
 土曜開催の重賞を勝利してもカウントしていません。

・説明で登場する「WIN1」等は、「WIN5対象第1レース」を指します。

・説明で登場する「連勝」は、1日2勝以上することを指します。
 例えば2場開催で9Rと11Rを勝った場合も「連勝」としています。

順位騎手1月2月3月4月5月6月上半期
勝利数
傾向
1位T福永祐一0131218G1:2勝
・連勝はあるが、2週連続勝利は無い
・WIN1での勝利が無い
・1番人気で5勝
1位T岩田康誠1310128G2:1勝 G3:4勝
・連勝したことがあり、2週連続勝利も2回ある
・WIN1での勝利が無い
・4番人気で2勝、他6勝は全て異なる人気で挙げている
・全て異なる馬で重賞5勝
・東京で5勝
・安田隆行厩舎で3勝(重賞2勝)、飯田雄三厩舎で2勝(重賞2勝)、奥村武厩舎で2勝
2位T川田将雅2013107G1:1勝 G2:1勝 G3:1勝
・連勝したことがあり、2週連続勝利も2回ある
・WIN3での勝利が無い
・7勝の内、6勝が芝
2位T横山和生1101227G1:2勝 G3:2勝
・WIN2での勝利が無い
・1番人気で2勝、2番人気で4勝
3位T浜中俊1121016G2:1勝 G3:2勝
・連勝はあるが、2週連続勝利は無い
・WIN2/5での勝利が無い
・WIN3/4のメインレースで5勝
3位T鮫島克駿1101216・重賞勝利なし
・連勝は無いが、2週連続勝利が2回ある
・WIN2/5での勝利が無い、WIN1で4勝
・3番人気で2勝、他4勝は全て異なる人気で挙げている
・6勝の内、5勝がダート
4位T藤岡佑介1111105G2:1勝
・WIN1で3勝、WIN3で2勝
・中京で3勝、WIN3の2勝は中京/小倉のメイン
・藤岡厩舎、中内田厩舎で2勝ずつ
4位T和田竜二0010225G2:1勝 G3:1勝
・連勝はあるが、2週連続勝利は無い
・WIN3/5での勝利が無い、WIN4で3勝
・中京/阪神でのみ勝利
・5勝すべて芝
4位T田辺裕信0131005G2:2勝 G3:1勝
・連勝はあるが、2週連続勝利は無い
・WIN1で2勝、WIN5で3勝
・中山/東京でのみ勝利
・1/2番人気での勝利が無い
・5勝すべて芝
4位T池添謙一1010125G1:1勝 G2:1勝 G3:1勝
・連勝/2週連続勝利いずれも1回ずつある
・WIN3での勝利が無い
・東京で3勝
・1番人気での勝利が無い
・5勝すべて芝
4位T松山弘平4100005G3:2勝
・連勝/2週連続勝利いずれも1回ずつある
・WIN2/4での勝利が無い、WIN5で3勝
・東京/中京でのみ勝利(中京4勝)
・5勝すべて芝
5位T戸崎圭太2101004・重賞勝利なし
・WIN2のみで4勝
・中山/東京でのみ勝利
・4勝すべて3番人気以内
・1700m以上で勝利なし
5位T荻野極1002014・重賞勝利なし
・連勝は無いが、2週連続勝利が1回ある
・4勝すべて異なる競馬場(中山/東京/阪神/小倉)
5位T横山典弘2100104G2:1勝 G3:2勝
・4勝の内、3勝が重賞勝利
・昆/安田翔厩舎の馬でのみ勝利(2勝ずつ)
5位TM.デムーロ2001104G3:1勝
・連勝は無いが、2週連続勝利が1回ある
・4勝すべて芝
・1400m以下で勝利なし
6位T武豊0200103G1:1勝
・3勝すべて3番人気以内
・3勝すべて異なる競馬場(東京/中京/阪神)
6位T坂井瑠星0100113・重賞勝利なし
・1900m以上で勝利なし
・自厩舎の馬で2勝
6位T幸英明0120003・重賞勝利なし
・3勝すべて阪神
6位T吉田隼人0101103G1:2勝
・3勝すべて異なる競馬場(東京/阪神/小倉)
・3勝すべて4番人気以下
・3勝すべて芝
6位T横山武史0020013・重賞勝利なし
・3勝すべて異なる競馬場(函館/中山/中京)
・3勝すべて3番人気以内
スポンサーリンク

2021年との騎手成績比較

<昨年の勝利数が、今年6月までの勝利数以下の騎手>
つまり、昨年より勝てそうなペースの騎手。 ※昨年3勝以上の騎手に限る
・浜中俊 昨年6勝→今年ここまで6勝
・池添謙一 昨年5勝→今年ここまで5勝
・和田竜二 昨年4勝→今年ここまで5勝
・藤岡佑介 昨年4勝→今年ここまで5勝
・岩田康誠 昨年4勝→今年ここまで8勝
・横山和生 昨年3勝→今年ここまで7勝
・鮫島克駿 昨年3勝→今年ここまで6勝
・田辺裕信 昨年3勝→今年ここまで5勝
・武豊 昨年3勝→今年ここまで3勝

<今年6月までの勝利数が、昨年の勝利数の半分未満の騎手>
つまり、昨年より勝てなさそうなペースの騎手。 ※昨年3勝以上の騎手に限る
・ルメール 昨年20勝→今年ここまで2勝
・川田将雅 昨年15勝→今年ここまで7勝
・松山弘平 昨年15勝→今年ここまで5勝
・横山武史 昨年15勝→今年ここまで3勝
・戸崎圭太 昨年13勝→今年ここまで4勝
・M.デムーロ 昨年11勝→今年ここまで4勝
・吉田隼人 昨年8勝→今年ここまで3勝
・幸英明 昨年7勝→今年ここまで3勝
・団野大成 昨年6勝→今年ここまで1勝 ※3月~6月まで休業期間あり
・菅原明良 昨年6勝→今年ここまで2勝
・内田博幸 昨年5勝→今年ここまで0勝
・斎藤新 昨年5勝→今年ここまで2勝
・石橋脩 昨年4勝→今年ここまで0勝
・三浦皇成 昨年4勝→今年ここまで1勝
・菱田裕二 昨年4勝→今年ここまで1勝
・西村淳也 昨年3勝→今年ここまで1勝
・柴田善臣 昨年3勝→今年ここまで0勝 ※1月~5月まで休業期間あり
・高倉稜 昨年3勝→今年ここまで1勝
・丸山元気 昨年3勝→今年ここまで0勝
・C.デムーロ 昨年3勝→今年ここまで1勝 ※通年免許なし

スポンサーリンク

勝てる騎手が限定される傾向

2021年は6月までに延べ57人がWIN5対象レース勝利騎手となり、12月終了時点で2勝以上していたのは50人。
2022年は6月までで48人が勝利騎手となり、2勝以上している騎手がすでに34人いる。

複数回勝てる騎手が増えており、勝てない騎手はさらに勝てなくなっていくと思われる。

一方で、リーディングトップ10で全体の約45%の勝利を挙げているという比率は昨年同様。
つまり、勝てる騎手は限定されても、リーディング上位陣の勝利数が極端に伸びるわけではなさそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました