新潟・札幌の傾向分析

title 傾向分析

今週から2回新潟が開幕し、約2ヶ月ぶりの2場開催となります。
このパターンで買える条件、買えない条件を予習しておきましょう。

今年上半期の総合的な傾向分析はこちらから。

ラジオ感覚で聞けるこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

新潟競馬場 騎手の傾向

直近3年間(2020年/2021年/2022年1回新潟)、新潟競馬場で行われたWIN5対象レースの結果に傾向の見られる騎手。

<買える傾向>

騎手名2020-2021
勝利数
2020-2021
着順
2022
勝利数
2022
着順
傾向
川田将雅66-0-1-8芝は1000-2000mで勝鞍あり、特に1600-2000mのワンターンレースに限ると[4-0-1-3]となる。
ダートは1800mのみ騎乗で[1-0-0-4]と、芝に比べて率は落ちる。
2年連続で、2場開催の場合の新潟で連勝がある。
重賞1勝。
戸崎圭太55-3-1-13ダートに限ると[2-1-1-3]で、芝に比べて率が高い。
芝は1600-2200mで勝鞍があり、1400m以下はすべて着外。
重賞2勝。
福永祐一44-0-5-84勝はすべて芝外回りコースを使用する距離で、特に1800-2000mに限ると[3-0-2-2]となる。
重賞1勝。
M.デムーロ44-3-0-15芝1800-2000mに[4-2-0-3]と数字が集まる。
重賞1勝。
菅原明良33-1-3-252020年は[0-0-0-9]だったが、2021年に3勝。
2021年は年間6勝のため、半数を新潟で挙げている。
3勝すべて芝だが、勝率で言えば内回りコースを使用する1200/2200mが[2-0-0-2]と高い。
鮫島克駿33-2-5-113勝すべて芝で、芝1000mに[1-2-2-2]と数字が集まる。
重賞1勝。
津村明秀33-2-1-1800-2-0-12020年以降、新潟でしか勝っておらず、内訳はダート1800mで2勝、芝1000mで1勝。
今年もすでに2着が2回と、他場より好走率が高い。
勝浦正樹11-1-1-611-0-1-2芝1200mで2年連続勝利中。
年間1~2勝程度の騎手なので、WIN5的には新潟では期待値が上がると言える。
菊沢一樹11-0-0-711-0-0-0芝1000mをマリアズハートで2勝。
マリアズハートでなければすべて着外。

<全体成績に対し、新潟の勝鞍が少ない騎手>

騎手名2020-2021
勝利数
2020-2021
着順
2022
勝利数
2022
着順
傾向
松山弘平11-1-0-900-0-0-1直近3年間で37勝している騎手だが、新潟では2020年に1勝のみ。
スポンサーリンク

新潟競馬場 厩舎の傾向

直近3年間(2020年/2021年/2022年1回新潟)、新潟競馬場で行われたWIN5対象レースの結果に傾向の見られる厩舎。

<買える傾向>

厩舎名2020
勝利数
2021
勝利数
2022
勝利数
傾向
池添学110福永祐一を乗せた芝のレースで2年連続勝利中。
中内田充正020川田将雅を乗せた芝のレースで昨年2勝。
菊沢隆徳011息子同様、芝1000mをマリアズハートで2勝。

<全体勝利数は多いが、新潟で勝っていない厩舎>

厩舎名2020
全体勝利数
2021
全体勝利数
2022
全体勝利数
傾向
堀宣行873ローカル開催の勝鞍は年間1勝程度。
斉藤崇史654今年福島で2勝したが、基本的にローカル開催の勝鞍が少ない。
須貝尚介582北海道で3勝しているが、基本的にローカル開催の勝鞍が少ない。
杉山晴紀543東京より西の競馬場でしか勝鞍が無い。

<栗東vs美浦>
例年、WIN5対象レース全体の65-70%を関西馬が勝つ傾向にある。
新潟もその傾向に合致しており、輸送距離に差はあれど、関東馬優勢とはならない。

Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
スポンサーリンク

札幌競馬場 騎手の傾向

直近2年間(2020年/2021年)、札幌競馬場で行われたWIN5対象レースの結果に傾向の見られる騎手。

<買える傾向>

騎手名勝利数着順傾向
横山武史55-0-3-10芝3勝、ダート2勝と全方位で圧倒した昨年の札幌リーディングジョッキー。
開催期間の短さを考えると驚異的な固め打ちと言える。
ただし重賞勝ちは無し。
吉田隼人22-2-0-132年連続で重賞勝利中。
ダートは[0-0-0-7]で、期待値は芝。
黛弘人22-0-0-92年連続ダートで勝利中。
全体3勝の内2勝が札幌のため、他場と比較して期待値が大きく上がる騎手。
スポンサーリンク

札幌競馬場 厩舎の傾向

直近2年間(2020年/2021年)、札幌競馬場で行われたWIN5対象レースの結果に傾向の見られる厩舎。

<買える傾向>

厩舎名2020
勝利数
2021
勝利数
2022
勝利数
傾向
萩原清110直近2年の5勝が東京2勝/中山1勝/札幌2勝。
ローカルで狙うなら札幌。

<栗東vs美浦>
例年、WIN5対象レース全体の65-70%を関西馬が勝つ傾向にある。
その中において札幌は数少ない、関東馬が優勢となる競馬場。

Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
Chart by Visualizer
スポンサーリンク

2場開催の傾向

<”手薄なローカル”が存在しなくなる>
騎手が分散しないため、強い騎手と弱い騎手が同じレースを走る確率が上がる。
その結果、中堅以下の騎手は勝ちにくくなる。
特に、WIN3に勝鞍の偏りがある騎手、つまり3場開催のローカルメインレース勝ちが多い騎手は、2場開催では期待値が下がる。
顕著なところでは、菱田裕二斎藤新丹内祐次など。
厩舎では、谷厩舎藤岡厩舎あたりに同様の傾向がある。

<連勝の発生率が上がるわけではない>
どちらかの競馬場で3レース行われるため、同一の騎手/厩舎が1日2勝以上する「連勝」が発生しやすくなるのでは?という推測ができる。
しかし実際は、2場開催での発生率が特に高いわけではない
そもそも連勝できるレベルの騎手/厩舎は限られており、そのようなレベルの騎手/厩舎はチャンスが2レースであろうが3レースであろうが、連勝する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました