2022年7月3日のWIN5反省会

title 反省会

消した馬に来られたのはCBC賞だけということで、まずまず悪くない結果。
まだ3歳馬×減量騎手の飛び抜けた軽ハンデの居るレースは続くので、ハンデの傾向もしっかり見直していきたい。

ラジオ感覚で聞けるこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

小倉10R 西部スポニチ賞 ダート/1700

<勝ち馬>
⑨ディパッセ/川田将雅 本命

想定通りの楽な逃げで圧勝。
メインが難解なだけに、ここを1点で抜けられたのは助かった。
輸送で馬体を減らしていて一抹の不安もあったが、曇って暑くなりすぎなかったのも助かったか。

対抗評価のラルフは、スタート良かったものの、外枠の馬を行かせて道中3列目。
今日の展開だとそこからは届かない。
サンバデジャネイロも自分の競馬はしてるけど、同様。
ディパッセの逃げが完璧だったので、まぁここは相手が悪かった。
松山弘平も9Rまでで3勝済で、迷いなく消せた。

スポンサーリンク

福島10R さくらんぼ特別 芝/1200

<勝ち馬>
⑨ファイアダンサー/戸崎圭太 本命

もっと前で運べるイメージでの本命支持だったものの、結果的に出遅れが展開利になって差し切り。
「WIN2の戸崎」は下半期も健在。
テン乗りだったものの、よく割り切って最後に賭けた騎乗をしてくれた。

ショウナンマッハは、前に出ないなら番手追走で良かったのでは?
それが難しい馬なら、今後も枠順はかなり重要なファクターになってきそう。

押さえのショウナンラスボスとマリーアミノルが4,5着。
ステラダイヤに3着粘られてるのは、あんまりだったなって感じ。

スポンサーリンク

函館11R 巴賞 芝/1800

<勝ち馬>
③ホウオウピースフル/丸田恭介 はずれ

近走も終いは伸びていたホウオウピースフルが中団から差し切り勝ち。
丸田恭介が今年3勝目。
ひどい時は本当にひどい騎乗も多いが、WIN5で勝てるようになってきている。

本命ハーメティキストは早々に脱落も、対抗のモンブランテソーロはいい感じで直線向いたと思ったが伸びず。
やはりこのあたりが久々のレースという感じか。

スポンサーリンク

小倉11R CBC賞 芝/1200

<勝ち馬>
⑤テイエムスパーダ/今村聖奈 はずれ

ハナに行ける馬にはハンデが軽すぎたということか・・・。
それにしても勝ち時計が凄まじい。
斤量軽いとは言え、阪神1:07.9の馬が、1:06前半想定のメンバー相手に勝ちきれるか?
と疑問だったが、それどころか1:05台に突入してしまった。
当然、今村聖奈続投やろうし、北九州記念も軽ハンデで圧勝か?

この展開になるともう、スティクス、ファストフォースは枠が厳しかったね、としか。
仮にテイエムスパーダが外にいてもここは負けたと思うけど、着順はもっと変わったはず。

タイセイビジョンはさすがの文句ない走り。
ここは相手が悪すぎた。

スポンサーリンク

福島11R ラジオNIKKEI賞 芝/1800

<勝ち馬>
③フェーングロッテン/松若風馬 対抗

本命/対抗で1,2着。
どちらもイメージ通りのレースで、強さを見せてくれた。
ショウナンマグマもよく頑張ったし、フェーングロッテンも狭いところよく我慢して伸びた。
菅原明良が、左ムチで内にヨレてフェーングロッテンの進路が狭くなったところ、右ムチに変えて真っ直ぐ走らせたのも、クリーンな勝負で良かった。

グランディアにとっては思ったほどペースが流れず、出番が無かった。
この馬が展開待ちなのは仕方ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました