2022年7月3日のWIN5予想

title 予想

上半期の振り返りをやったところというのもあって、消しの精度が上がっていることに期待の後半戦スタート。

ラジオ感覚で聞けるこちらの動画もどうぞ。

スポンサーリンク

小倉10R 西部スポニチ賞 ダート/1700

昨年からダート1700mに条件変わり。
ローカルのダート1700mは共通してハイペースになりやすく、先行有利。
3コーナー入るまでにある程度、前の方に付けておきたい。

<本命>
ディパッセ/川田将雅

1勝クラスを勝ち上がった2走前は出色の好時計。
前走の弥富特別は激しい先行争いに沈んだが、強力な同型不在のここはもっと楽な展開になりそう。
唯一の3歳馬でハンデも味方してここは逃げ切る。

<対抗(本線)>
②ラルフ/松山弘平

1勝クラスでの足踏みが長かったものの、スタートが改善してポジションを取れるようになったらすぐに卒業。
その時負かしたアズユーフィールは、その後連勝してすでに3勝クラスにいる。
枠が良く、インコースでディパッセを追走する形に簡単に収まれば、逆転候補の筆頭。

<対抗(押さえ)>
④サンバデジャネイロ/団野大成

展開が向けば差し届くのはこれ。
小倉では掲示板を外していない。

スポンサーリンク

福島10R さくらんぼ特別 芝/1200

向正面の登りで先行争いするため、逃げ切りにくい条件。
先行有利であることは間違いないが、1着には差し馬もよく来ている。
差し馬は内枠の成績が良い。

<本命>
⑨ファイアダンサー/戸崎圭太
買える条件の馬に「WIN2の戸崎」が乗ったら、狙わない手はない。
福島/小倉で掲示板を外したことがなく[1-2-2-1]の小回り巧者。
激しい先行争いで脚が止まった逃げ馬たちをまとめて差し切る。
「WIN2の戸崎」についてはこちらの記事で↓

<対抗(本線)>
⑭ショウナンマッハ/岩田望来

自己条件ならさすがに、と思う馬ではあるが、何かと減点が多く対抗まで。
取り消し明け、大外枠、乗り替わり。
調教を見ると、状態は問題なさそうではあるが。

<対抗(押さえ)>
②マリーアミノル/坂井瑠星

小柄な馬体ながらダートの短距離で2勝してきた馬。
陣営は先行策には拘らないと言ってるので、展開が向けば面白い。
⑫ショウナンラスボス/菅原明良
こちらも展開が向けば台頭する追い込み勢。
後述するが11Rの狙いが坂井瑠星と菅原明良なので、連勝は無いと考えて買い目に入れるならどちらか一方。
人気を考えれば、わざわざ1点割くならマリーアミノルか。

スポンサーリンク

函館11R 巴賞 芝/1800

先行有利と言うよりも、4コーナーを前方で通過できるように位置取りできる馬が有利。
後方から行く馬も、向正面から捲って勝つパターンも多い。
函館は開催が進んで、今週は少し水分も含んで、さらに力の要る馬場に。
ここは洋芝実績のある馬を中心視。

<本命>
⑦ハーメティキスト/池添謙一

本命/対抗の3頭はほとんど横一線の評価で、減点要素の少ないこの馬を本命に。
昨年のこのレース4着を始め、北海道では堅実に走っている。
好相性の池添謙一に手戻り、その池添謙一も函館の芝は得意条件。

<対抗(本線)>
⑩モンブランテソーロ/横山和生

1年ぶりのレースという点で信頼しきれないところがあるものの、能力は一枚上の感。
その1年前の五稜郭Sは、稍重を35.2の上がりで差し切り勝ち。
北海道は2戦2勝、上り調子の横山和生なら2週連続も考えられる。

<対抗(押さえ)>
⑥ウインイクシード/横山武史
近走が奮わず、この歳で上がり目はどうかというところ。
それでもこの相手関係なら、時計のかかる馬場で巻き返しがあってもいい。

スポンサーリンク

小倉11R CBC賞 芝/1200

昨年から小倉開催のG3。
ハイペースで前が止まらないので、土曜の小倉も超高速馬場、先行できない馬は出番なし。
昨年も、内枠を生かした人気薄のファストフォースが逃げ切っている。
内枠の軽量に飛びつきたくなるところだが、最軽量ハンデは過去10年で1勝、50kg未満は馬券にすらなっておらず、そう甘くないレース。

<本命>
⑮スティクス/幸英明

ハナに立てればピン、立てなければパーと分かりやすい成績。
前走の韋駄天S、千直で3枠からハナに立てたスピードはここで活きそう。
内枠にもっと斤量が軽いのが居るが、スピードの差で行ききれるはず。

<対抗(本線)>
⑰ファストフォース/松山弘平
大外枠が痛すぎるし、この斤量だとどうかと思うが、小倉1200ならやはり切れない昨年の勝ち馬。

<対抗(押さえ)>
⑧タイセイビジョン/川田将雅

時計勝負ならこの馬も出番。
馬群を捌くには枠も悪くなく、突き抜ける可能性はある。
③レジェーロ/団野大成
内枠の先行馬を警戒。
この相手関係を勝つにはかなり時計を詰めないといけないのと、暑い時期の実績が気掛かり。

スポンサーリンク

福島11R ラジオNIKKEI賞 芝/1800

1コーナーまでの先行争いが激しいものの、隊列が決まった後は落ち着いて上がり勝負になりやすい。
外を回らされると苦しく、内枠の成績が良い。
斤量は54kg以下の軽量組が優勢。

<本命>
⑦ショウナンマグマ/菅原明良

相性の良いプリンシパルS組の1頭。
前走負けすぎだが、難しい東京2000の1枠1番で、閉じ込められて何もできず終わっただけ。
1800は2戦2勝のベスト条件。
今年の2勝が京成杯/ユニコーンSというG3コレクターな鞍上にも期待。

<対抗(本線)>
③フェーングロッテン/松若風馬

素直に押さえておきたい内枠の先行馬。
ブリンカーを付けてからはしっかりポジションが取れるようになった。
陣営はハナに拘らないと言ってるので、ペースが流れそうなここは2列目のインコースでスムーズな競馬ができれば。

<対抗(押さえ)>
⑫グランディア/坂井瑠星

プリンシパルS組のもう1頭。
スタート悪い馬の8枠12番は良い。
それでも後ろからにはなると思うが、ペースが流れるのは歓迎で、展開は向きそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました