2022年7月24日のWIN5予想

title 予想

今週から札幌が開幕。
福島と小倉は開催が進んで、芝は馬場の傾向もだいぶ変わってきた。
馬場適性も、統計データから押さえていく。

枠順確定前の買える馬、消せる馬の分析を先に見ておくと、予想の参考になります。

ラジオ感覚で聞けるこちらの動画もどうぞ。

スポンサーリンク

小倉10R 岩国特別 ダート/1700

土曜のダートも時計は速かったが、日曜は夕方頃から雨予報。
少し水分を含んで、さらに時計の速い馬場になっていくことを想定し、持ち時計を重視。

<本命>
サンライズグリット/松若風馬

前走、同条件の1勝クラスは強い勝ち方で、時計も優秀。
徹底して1700-1800を使われて、小倉は[1-1-0-1]。
内で揉まれると脆いが、ここは良い枠を引いた。

<対抗(本線)>
⑤フェブタイズ/岩田望来

前走、インディアTは逃げた勝ち馬が強かったが、よく追走して踏ん張った。
ここはレガーメペスカとの兼ね合いだが向こうが大外枠を引いた分、こちらに余力。
先行粘り込みに期待。

<対抗(押さえ)>
⑧シェイリーン/坂井瑠星

時計が速くなると不安があるが、5戦して着外なし、前走も同じ条件を走って、出入りの激しい難しい展開を差し切って昇級。
前が潰し合うような展開になれば出番か。
⑮ラルフ/松山弘平
こちらも展開待ちではあるが、前走の西部スポニチ賞は勝ち馬が悠々と逃げる中、内枠でうまく動けず。
今回の枠の方がチャンスはありそう。

統計上の推奨馬となったグットディールは、自己条件とは言え距離をこなせないという見立て。
ビッグアーサー産駒の実績が無さすぎるし、グットディール自身も馬券に絡んだのは1400m戦のみ。

スポンサーリンク

福島10R 白河特別 芝/1800

かなり荒れて、力の要る馬場になっている2回福島最終週。
馬場への適性を重視。

<本命>
③エリオトローピオ/松岡正海
土曜も大活躍のゴールドシップ産駒。
掲示板を外したことがなく取り口安定、福島で2連勝中。
馬格の無い馬がここも斤量52kgで出られるのは大きい。
これで戸崎続投ならまさに鬼に金棒だったが・・・。

<対抗(本線)>
④ヤマニンサルバム/戸崎圭太

この時期はやはり3歳馬中心。
さらに距離延長となるが、血統的にはこなせていい。
WIN2戸崎バフでどこまでやれるか。

<対抗(押さえ)>
⑤ジュンブルースカイ/菅原明良

小回り、時計のかかる馬場への適性が未知数だが、道悪も無難に走るドゥラメンテ産駒。
統計データも後押し

スポンサーリンク

札幌11R 大雪HC ダート/1700

ここは消してない馬が3頭しか残っていないので、素直にそれ。
基本的には本命1点でいけると思っているが、水口優也で1点勝負はさすがに怖いか。

<本命>
⑦ブラッティーキッド/水口優也

前走の竜飛崎特別は、2着馬が完璧な逃げを決めたところへ、勝負どころで追い出しを待たされても届いた、着差以上に強い勝ち方。
まだ時計を詰められる余地もあり、斤量も手頃なここは楽勝もあり得る。

<対抗(押さえ)>
②スペロデア/黛弘人

スタート決まるかどうかが全て。
枠は絶好、偶数番を引けたのがせめてもの救いか。
⑧オレンジペコ/古川吉洋
スペロデアよりはちゃんと前に行けそうなのがこっち。
馬場も距離も迷走しているが、札幌ダート1700は[2-2-0-1]で現級まで来た条件。
唯一の着外は出遅れを挽回できなかったもので、こちらもスタート五分に出て先行できれば巻き返す。

スポンサーリンク

小倉11R 中京記念 芝/1800

まだ速い時計は出るものの、さすがに前残り一辺倒ではなくなってきた小倉。
素直に統計に沿って押さえていく。

<本命>
③コルテジア/松山弘平

長欠明けの前走エプソムCは、いきなり開催の進んだ芝の重馬場で、さすがに最後は苦しかった。
それでも流れに乗って内枠からスムーズな追走で見せ場はあった。
2走目のここは型通りに前進必至で、右回りに戻って好相性の松山弘平に絶好の内枠。
全てが噛み合った感があるこの馬が本命。

<対抗(本線)>
⑪カテドラル/団野大成

昨年の2着は福永祐一が上手く乗っただけ、今年も展開待ちではあるが、ようやく外からも届くようになってきた今の小倉で末脚に賭ける。

<対抗(押さえ)>
⑮ファルコニア/川田将雅

9Fの鬼だが、どうにも決め手が足りない。
枠も良くないが、川田将雅の期待値が高すぎる。
⑩シャーレイポピー/福永祐一
こちらも決め手に欠け、正直足りてないとは思う。
近2走は本来の速い上がりが使えていないので、スムーズならもう少しやれても、とは思うが。

スポンサーリンク

福島11R ジュライS ダート/1700

土曜のダートは結局最後まで重。
日曜も同じような天気の予報で、回復しても稍重ぐらいまでの想定で予想。

<本命>
⑥ダノンファスト/内田博幸

内田博幸が土曜に特別競走を勝たなかったので、夏の福島で重賞or特別競走を最低1勝する記録の継続があるとすれば、日曜の3レースに絞られた。
そして最も期待値が高そうなのがここ。
ダノンファストは福島ダート1700を2戦2勝、今回は福島民友Cを勝って以来の1700m戦。
湿って時計が速くなっても大丈夫で、得意条件に戻って巻き返す。

<対抗(本線)>
⑮ケンシンコウ/田辺裕信

続けて好走しない難しい馬だが、勝つ時は強く、常に押さえておかないと怖い存在でもある。
夏場に調子を上げる昨年の覇者、鞍上も好調の田辺裕信に変わって期待値上昇。

<対抗(押さえ)>
③デュアライズ/菅原明良

前走ブリリアントSは時計が速すぎたのもあるが、やはり中山で見せたあのキレこそがストロングポイント。
昨年のように差し届く展開になれば、福島の短い直線でも楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました