2022年5月8日のWIN5反省会

タイトル 反省会

1戦目が突破できない日々。

スポンサーリンク

橘S 中京/芝/1400

藤岡康太が9Rまでで3勝ということでデヴィルズマーブルは消し。
かと言って藤懸貴志1点突破なんて怖すぎてできないのでカジュフェイスにシフト。
まぁどれも掲示板にも来てないんですけどね。

勝ったウインマーベルは、次の11Rで和田竜二が勝つ予定だったので消してた。
そこそこレベルの騎手でも今年は連勝ある、という自分で導き出した傾向に乗れてない。
いやでも和田竜二はWIN5的にはそこそこレベルですらないのよ・・・。

ケイアイオメガは速い流れを中団の内で追走するのに戸惑ったようで、想定した形ではあったものの若さが出たなというところ。
これは経験しかないなぁ、次も芝使うかな。

スポンサーリンク

メトロポリタンS 東京/芝/2400

レーンの”残し”が統計より上だった。

結局、好位追走してた3頭で決まっていて、後ろすぎたゴールドギアは届かず。

それはいいとして、やっぱフライライクバードがこれを勝ちきれないのがなぁ。
今回も結局レース後に出るのはどうも本調子じゃないんだよなぁというコメント。
重賞では切る対象になるか。

スポンサーリンク

新潟大賞典 新潟/芝/2000

カイザーバローズはスタートがスムーズだったらなぁという悔しいクビ差。

最終的にステラリアも人気しすぎ、プレシャスブルーは人気しなさすぎで、傾向からいくと5~9番人気あたりの穴の選定が必要だったレース。
そこに傾向通りレッドガランが来たものの、自分が選んだのはヤシャマルの方。
基本的にトップハンデは苦戦していて、過去10年で57.5kg以上背負って勝った馬もいなかった。
こういう時は騎手から入るのが正解ということか・・・。

スポンサーリンク

鞍馬S 中京/芝/1200

ここはイメージ通りの競馬で文句なし。
時計も出ていて、強い勝ち方だった。

ダディーズビビッドが枠の分届かないのも読み通りだったが、それでもやっぱりよく走れてる。

スティクスは番手を選んだもののそれがこなせるわけではなかったという。
アスタールビーがよく残してるだけに勿体なかった感じもするけど、このあたりで頭打ちする逃げ馬の難しいところですね。

スポンサーリンク

NHKマイルC 東京/芝/1600

ジャングロの出遅れから展開が思ってたのとまったく違うものになった。
そらあれだけスムーズにいいとこ回って来られたらダノンスコーピオン勝つよ。
でもジャングロ追走で全然掛かってなくて、最後ちゃんと伸びてて笑った。これはこれで今後が楽しみになる走り。

セリフォスはなんとかこらえてたけど、やっぱり前半ちょっと行きたがったところで最後の伸びを欠いたか?
4コーナーですでに勝ち馬に並ばれて、上がりの差がそのまま走破時計の差。
キングエルメスもよく残してて、やっぱり力あるなって感じ。

さすがにあの位置からだと届かなかったものの、マテンロウオリオンもさすがの末脚。
なんだが、ニュージーランドTともども勝ちきれないのはWIN5的にはどう見るかが難しい馬。

コメント

タイトルとURLをコピーしました