2022年9月4日のWIN5反省会

title 反省会

結局最後まで荒れた夏競馬。
落ち着いた結果になるのは来週からか。

ラジオ感覚で聞けるこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

小倉10R 西日本スポーツ杯 ダート/1700

<勝ち馬>
⑥クリノドラゴン/武豊 対抗 

やっぱり武豊なんだなぁこの馬は。
先行勢が内に殺到するのを尻目に、外をスムーズに回って最速の上がり。
その内で詰まってしまったのがコパノニコルソンの方。
やっぱり鞍上が信頼できないというのはこういうところ。

スポンサーリンク

新潟10R 両津湾特別 ダート/1800

<勝ち馬>
⑩タイセイスラッガー/菅原明良 はずれ

高橋裕厩舎32年目で初の新潟ダート特別競走勝利。
他場を含めても、ダート中距離の特別競走勝利は5年ぶり。
まぁ今週も結局大荒れ回、そんなことが起きるのも仕方ないか。

本命のジャスパーグレイトは最内枠の不安的中。
また枠の良い時に勝負。

スポンサーリンク

札幌11R 丹頂S 芝/2600

<勝ち馬>
⑤ボスジラ/ルメール 統計推し馬

同一レース1着>2着>1着ってすごいキャリア。
やっぱり藤岡佑介からの鞍上強化は大きかったな。

ゴールドギアは今回もちゃんと勝ちに行った結果なら仕方ないけど、もう続けて好走は難しい歳かな。

アスティは格上挑戦だったものの、前走の走破時計と今回の勝ち時計は同じ。
この馬自身は前走から斤量4kg減で、0.7秒落ち。
馬場の差か、騎手の差か。

マンオブスピリット今回は溜める形を選んだけど、展開は向かなかったか。
どちらにせよ人気しなかったので要らなかった。

ディープモンスターは、勝負どころの反応はさすがに久々という感じ。
それでも0.1秒差、前に1頭しかいないのは素質が為せる結果か。

スポンサーリンク

小倉11R 小倉2歳S 芝/1200

<勝ち馬>
①ロンドンプラン/松山弘平 対抗 統計推し馬

蹄鉄打ち直しで待たせて、スタート大出遅れで、直線一気で差し切って。
なんという劇場型。
最後も大外回したわけじゃなく、狭いところを割って抜けて、根性も見えた強い勝ち方。

結果的に前は総崩れで、プロトポロスは前に付けるのが早かったか。
この外差しの利く馬場でかぶせられる形になって、そうしないともっと着順下げてた可能性もあるけど。

スポンサーリンク

新潟11R 新潟記念 芝/2000

<勝ち馬>
⑥カラテ/菅原明良 はずれ

レース傾向的に嫌った距離延長が、ズブくなってきてたカラテにはハマったと。
それにしても特別競走スイープはやりすぎよ、普通は9/10R見たらこの菅原明良は消す。
重いハンデが穴を開けるというのは傾向通りながら、やっぱり毎年難しいレース。

コメント

タイトルとURLをコピーしました