2022年9月19日のWIN5レース統計分析

title 予想

金曜の出走馬確定時点の情報を元に、WIN5対象レースの統計データを分析し、買える馬/消せる馬を検討します。

ラジオ感覚で聞けるこちらの動画もどうぞ。

スポンサーリンク

中山9R 鋸山特別 ダート/1800

<過去10年間のレース統計>
8回開催されて、すべて定量戦だった。
15頭立て以上で開催されたのは4回だが、枠順に目立った傾向は見られない。

統計項目傾向
脚質差し有利で、逃げ切りは決まっていない。
人気1-2番人気で4勝している一方、6番人気以下も3勝しており、荒れやすい。
血統短距離に比べて、米国系の優位が薄れる傾向。
特に父/母父どちらも米国系の馬は直近3年間、良馬場では勝てておらず、スタミナに勝る血統が優位。
厩舎すべて関東馬が勝利している。

<買い条件>
・カンリンポチェ/三浦皇成/田村康仁

中山ダート中距離で勝鞍が多い騎手。

<中山/ダート/中距離のWIN5対象レースで勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
・アトラクティーボ/武藤雅/武藤善則
・アナンシエーション/ルメール/手塚貴久
・アメリカンエール/北村友一/戸田博文
・イルミネーター/水口優也/羽月友彦
・キースペシャル/永野猛蔵/青木孝文
・コスモセイリュウ/丹内祐次/中野栄治
・ジーマックス/木幡巧也/尾形和幸
・スズノイナズマ/柴田大知/深山雅史
・ヒートヘイズ/横山琉人/相沢郁

スポンサーリンク

中京10R ジェンティルドンナC 芝/1600

<過去10年間のレース統計>
メモリアル競走のため対象なし。

統計項目傾向
脚質コース傾向では、先行有利。
テンが速くなりにくいため、差しは決まりにくい。
枠順コース傾向では、極端な内枠/外枠は、テンが速くないと苦戦。
人気直近3年間の中京/芝/1600mは、重賞を除くと10回中9回で4番人気以上が勝っており、荒れにくい条件。
血統キングマンボ系、ロベルト系が強い条件。

<買い条件>
・グラウクス/和田竜二/西園正都
タケルラスティ/坂井瑠星/矢作芳人
テーオーアマゾン/池添謙一/浜田多実雄

芝/中距離の勝鞍が多い騎手/厩舎と、キングマンボ系/ロベルト系の産駒。

<中京/芝/中距離のWIN5対象レースで勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
・アサケエース/小沢大仁/大橋勇樹
・カケル/古川吉洋/大根田裕之
・セントウル/松本大輝/森秀行
・トーホウディアス/武豊/南井克巳

スポンサーリンク

中山10R シンボリクリスエスC 芝/2000

<過去10年間のレース統計>
メモリアル競走のため対象なし。

統計項目傾向
脚質/枠順コース傾向では先行有利で、目立った枠順の有利不利は無い。
人気重賞が多く条件戦が少ないが、2020年から2021年にかけて5レース連続で1番人気が勝利するなど、基本的には荒れにくい条件。
ただし今年は1-2番人気の勝利がなく、勝ち馬人気平均は3.43と上位人気が苦戦。
血統ディープインパクト系が強い条件。

<買い条件>
サンストックトン/横山武史/鹿戸雄一
バトルボーン/ルメール/林徹
・ビートザウイングス/松山弘平/手塚貴久
・ルフィアンキック/吉田豊/小島茂之
レットミーアウト/丹内祐次/水野貴広
・ワンデイモア/田辺裕信/国枝栄

中山/芝/長距離の勝鞍が多い騎手/厩舎と、ディープインパクト系の産駒。

<今週勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
・ケンアンビシャス/菅原明良/久保田貴士
月間3勝目の可能性が低い騎手。

<中山/芝/長距離のWIN5対象レースで勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
・アオイショー/石橋脩/中舘英二
・コスモスタック/M.デムーロ/鈴木慎太郎
・マイネルステレール/柴田大知/菊川正達

スポンサーリンク

中京11R JRAアニバーサリーS ダート/1800

<過去10年間のレース統計>
中京開催は3年目。
過去2回はいずれも定量戦で、フルゲート16頭立て。

統計項目傾向
脚質/枠順コース傾向では、先行/外枠有利。
ただし過去2回は道中ペースが上がって差し決着となり、2-4枠が連対した。
人気今年の中京/ダート/1800mは、重賞を除くと1-2番人気だけが勝利している荒れにくい条件。
ただし過去2回はハイペースで先行馬が崩れ、6,12番人気が勝利。
血統ディープインパクトを含む、サンデーサイレンス系が強い条件。
ディープインパクト系は、3勝の内2勝をキズナ産駒が挙げている。
米国系は、道悪で勝率が上がる。

<買い条件>
・セイクリッドゲイズ/鮫島克駿/佐々木晶三
・メイショウミカワ/武豊/南井克巳

ダート中距離の勝鞍が多い騎手/厩舎。

<今週勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
・ビジン/池添謙一/武英智 ※池添謙一はダートで消し
2週連続勝利の可能性が低い厩舎。

<中京/ダート/中距離のWIN5対象レースで勝利の可能性が低い騎手/厩舎
・カネコメノボル/森裕太朗/中尾秀正
・ナリノモンターニュ/団野大成/上原博之
・ナンヨープランタン/和田竜二/松永幹夫
・ロッキーサンダー/角田大河/石橋守
・ワンダーエカルテ/藤懸貴志/石橋守

スポンサーリンク

中山11R セントライト記念 芝/2200

<過去10年間のレース統計>
新潟で開催された2014年を除く9回が対象。
15頭以下で開催されたのは7回で、他は17頭以上と差が大きいため、枠順はこの7回についてのみ統計する。

統計項目傾向
脚質先行有利だが、捲りも決まる。
枠順1枠は連対が無いが、2-4枠で5勝。
8枠も連対が無いことから、極端な枠は不利で、あとは内目が有利。
人気4番人気以上が8勝している。
今年の中山/芝/2200mは3番人気以下しか勝利しておらず、直近3年間の勝ち馬人気平均も3.68と、近年の傾向では1-2番人気の信頼度は低い。
血統偏りは小さいが、サンデーサイレンス系が強い条件。
特に母父米国系の勝鞍が多い。
臨戦過程前走ダービーからが6勝で、ここが秋の始動という馬が中心。
直近2回は、ラジオNIKKEI賞組が2連勝中。
ダービー組以外の4勝は、すべて前走で芝1800mを走っている。

<買い条件>
・アスクビクターモア/田辺裕信/田村康仁
・ショウナンマグマ/横山武史/尾関知人
ローシャムパーク/ルメール/田中博康

中山/芝/長距離の勝鞍が多い騎手。
ガイアフォース/松山弘平/杉山晴紀
父サンデーサイレンス系×母父米国系の産駒。

<今週勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
オニャンコポン/菅原明良/小島茂之 ※小島厩舎の3歳戦はプラス要素
月間3勝目の可能性が低い騎手。

<中山/芝/長距離の重賞勝利の可能性が低い騎手/厩舎>
・サイモンバロン/三浦皇成/勢司和浩
・セイウンハーデス/幸英明/橋口慎介
・ベジャール/北村友一/田中博康
・ボーンディスウェイ/石橋脩/牧光二
・ラーグルフ/戸崎圭太/宗像義忠

コメント

タイトルとURLをコピーしました