2022年7月10日のWIN5反省会

title 反省会

結局、函館も福島も雨が降らなかった。競馬の予想の前に、天気の予想に負けてる。
今日は51票/900万馬券ということで取れないレンジなので、切り替えてまた来週。

ラジオ感覚で聞けるこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

小倉10R フィリピンT 芝/1800

<勝ち馬>
②トゥルーヴィル/北村友一 はずれ

人気どころが折り合いを欠いてペースが流れたところ、外からまとめて差し切り。
小林厩舎は今年初の特別競走勝利、2年目にしてWIN5対象レース勝利調教師となった。

アトリビュートはスタート決めて3番手に収まったものの、掛かり通しで直線向いた頃には終わってた。
外を回ったサトノペルセウスも同じような感じで、どっちもここまで負けるとは。

スポンサーリンク

福島10R 天の川S ダート/1700

<勝ち馬>
⑦エマージングロール/田辺裕信 はずれ

抜け出したペイシャキュウで決まりかと言うところ、エンジンかかってからは強かった。
田辺裕信は春に得意の中山/東京で勝ちまくって、また秋までお休みかと思ったら、ここを勝ってきた。
例年に比べて好調の騎手は、他の傾向も疑ってかかった方がいいのかも知れない。

本命オンザラインはスタートで位置を取れず追走で一杯になって、勝負どころで置かれて万事休す。
前走も前に行けてないので、菅原明良は手が合わないのかも知れない。

スポンサーリンク

函館11R 五稜郭S 芝/2000

<勝ち馬>
⑫フィオリキアリ/武豊 対抗

ミトノマルーンR.I.P

対抗本線のフィオリキアリがハナ差届いた。
雨が降らなかった時点で繰り上げ本命ぐらいの感じで、馬券的にもこの8番人気的中は熱い。
ミトノマルーン故障の影響をもろに受けた組だが、結果的にはそれに展開がハマった。

一方で、この展開で3着に残しているスタッドリーはやはりさすが。
本来はもう少し後ろで溜めながら立ち回れる馬だと思うが、この枠とあのアクシデントでは、今日の競馬はこれで精一杯。
悲観する負け方ではないので次も期待。

スポンサーリンク

小倉11R プロキオンS ダート/1700

<勝ち馬>
⑫ゲンパチルシファー/川田将雅 対抗

さすがとしか言いようのない完璧なエスコートだった。
下半期も頼りにしてます。

エアアルマスはこうするしかないという形で、スタート良く行ききれたのは良かったものの、厳しい展開に。
ここはもう枠と並びのアヤだけだと思うので、右回りはまた期待したい。

ラーゴムはイメージ通りの負け方。
こっちもアンラッキー、枠と並びの良い時にまた見直し。

スポンサーリンク

福島11R 七夕賞 芝/2000

<勝ち馬>
⑯エヒト/田中勝春 はずれ

福島民報杯のアンティシペイトの再現をこの馬で見たような感じ。
時計も速いし強い競馬だった。
結果的には、外枠/軽量が生きた形か。

ヒートオンビートはさすがにこの相手なら、と思ったけど、結局どこへ行っても相手なりになってしまうという。
これはWIN5的には切っていくべき馬なんだな。

ヒュミドールは4コーナーで進路が無かったのがすべて。
結局、外をスムーズに回れた馬で決まってるし、内枠の馬は厳しかった。
まぁそれでも、これだけ時計が速いとどうだろうって馬なので、やっぱりある程度、力の要る馬場で時計がかかる時に狙いたい感じ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました