2022年6月までの傾向分析~調教師リーディング編~

title 傾向分析

2022年上半期の振り返り傾向分析の第二弾。

第一弾の騎手リーディング編はこちら。

ラジオ感覚で聞けるこちらの動画もどうぞ。

スポンサーリンク

WIN5リーディングトレーナー

6月までのWIN5対象140レースに勝利した厩舎のリーディングと、その勝利傾向。
2勝以下の厩舎は傾向が読み取れないため割愛。

 注意事項

・説明で登場する「重賞勝利」は、WIN5対象となった重賞のみを指します。
 土曜開催の重賞を勝利してもカウントしていません。

・説明で登場する「WIN1」等は、「WIN5対象第1レース」を指します。

・説明で登場する「連勝」は、1日2勝以上することを指します。
 例えば2場開催で9Rと11Rを勝った場合も「連勝」としています。

順位所属厩舎1月2月3月4月5月6月上半期
勝利数
傾向
1位T栗東安田隆行2200206G1:1勝 G3:3勝
・連勝/2週連続勝利いずれも1回ずつある
・WIN1での勝利が無い
・岩田康誠で3勝
1位T栗東池江泰寿2013006G2:1勝
・連勝したことがあり、2週連続勝利も2回ある
・芝で5勝、すべて1600m以下
2位栗東矢作芳人0210205G2:1勝
・2月~3月にかけて3週連続勝利
・芝で4勝
・1番人気での勝利が無い
3位T栗東安田翔伍2001104G2:1勝 G3:1勝
・4勝すべて異なる競馬場(中山/東京/中京/阪神)
・横山典弘で2勝
3位T栗東大久保龍志1020104G2:1勝
・2週連続勝利したことがある
・中京ダート1800mで3勝(内2勝はグロリアムンディ)
4位T栗東中内田充正1002003・重賞勝利なし
・2週連続勝利したことがある
・WIN1のみで3勝
・藤岡佑介で2勝
4位T美浦堀宣行1200003G1:1勝 G3:1勝
・2週連続勝利したことがある
・東京で2勝
4位T栗東藤原英昭1011003G2:1勝
・1400mのみで3勝(阪神芝2勝、中京ダート1勝)
4位T栗東友道康夫1001103G1:2勝 G2:1勝
・芝2000m以上の重賞のみで3勝
4位T栗東飯田雄三1010013G2:1勝 G3:1勝
・岩田康誠で2勝
4位T栗東吉村圭司0101013・重賞勝利なし
・ハヤブサナンデクンで2勝
4位T栗東藤岡健一0111003G2:1勝
・藤岡佑介で2勝
4位T美浦奥村武0100023G3:1勝
・2週連続勝利したことがある
・東京のみで3勝(内2勝はノースブリッジ)
4位T栗東斉藤崇史0020103・重賞勝利なし
・連勝したことがある
スポンサーリンク

2021年との厩舎成績比較

<昨年リーディングトップ10以内で、今年も現時点でトップ10に入っている厩舎>
つまり、今年も同じぐらい勝てそうなペースの厩舎。
・中内田充正 昨年3位T(8勝)→今年ここまで4位T(3勝)
・安田隆行 昨年4位T(7勝)→今年ここまで1位T(6勝)
・矢作芳人 昨年4位T(7勝)→今年ここまで2位(5勝)
・堀宣行 昨年4位T(7勝)→今年ここまで4位T(3勝)
・藤岡健一 昨年3位(6勝)→今年ここまで4位T(3勝)
・友道康夫 昨年6位T(5勝)→今年ここまで4位T(3勝)
・斉藤崇史 昨年6位T(5勝)→今年ここまで4位T(3勝)
・藤原英昭 昨年7位T(4勝)→今年ここまで4位T(3勝) 

<今年6月までの勝利数が、昨年の勝利数以上の厩舎>
つまり、昨年より勝てそうなペースの厩舎。 ※昨年3勝以上の厩舎に限る
・池江泰寿 昨年3勝→今年ここまで6勝

<今年6月までの勝利数が、昨年の勝利数の半分未満の厩舎>
つまり、昨年より勝てなさそうなペースの厩舎。 ※昨年3勝以上の厩舎に限る
・手塚貴久 昨年10勝→今年ここまで0勝
・池添学 昨年9勝→今年ここまで1勝
・須貝尚介 昨年8勝→今年ここまで2勝
・国枝栄 昨年5勝→今年ここまで2勝
・音無秀孝 昨年5勝→今年ここまで0勝
・鹿戸雄一 昨年5勝→今年ここまで0勝
・田村康仁 昨年4勝→今年ここまで1勝
・高野友和 昨年4勝→今年ここまで1勝
・高柳大輔 昨年4勝→今年ここまで1勝
・佐々木晶三 昨年4勝→今年ここまで1勝
・武幸四郎 昨年4勝→今年ここまで0勝
・宮田敬介 昨年3勝→今年ここまで1勝
・森秀行 昨年3勝→今年ここまで1勝
・村山明 昨年3勝→今年ここまで1勝
・寺島良 昨年3勝→今年ここまで1勝
・小野次郎 昨年3勝→今年ここまで0勝
・高橋義忠 昨年3勝→今年ここまで0勝
・小桧山悟 昨年3勝→今年ここまで0勝
・荒川義之 昨年3勝→今年ここまで0勝
・中竹和也 昨年3勝→今年ここまで0勝
・斎藤誠 昨年3勝→今年ここまで0勝

スポンサーリンク

勝利厩舎の傾向は昨年に近しい

6月時点での上位厩舎への勝利数の偏りや、連勝/2週連続勝利の発生確率など、昨年とほぼ同等。
リーディングトップ層の顔ぶれも、池江泰寿以外は大きく変わっていない。

所属別にサマリしても、昨年とほぼ同等。

栗東(2022)美浦(2022)栗東(2021)美浦(2021)
WIN5対象レース全体67%(94勝)33%(46勝)66%(182勝)34%(93勝)
重賞全体63%(27勝)37%(16勝)59%(50勝)41%(35勝)
G136%(4勝)64%(7勝)50%(12勝)50%(12勝)
G283%(10勝)17%(2勝)67%(14勝)33%(7勝)
G365%(13勝)35%(7勝)60%(24勝)40%(16勝)

リーディングで挙げた14人の中でも美浦所属は2人であったように、基本的に栗東が優勢。
ただし、G1のみ逆転する。

WIN5対象5レース全てを栗東所属馬が勝利することは、2021年は8回発生し、2022年はここまで1回発生している。
美浦所属馬のみというのは昨年/今年ともに発生していない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました